Thursday, August 11, 2016

the bomb may have cost, rather than saved, American lives.

AUGUST 9, 2016 How US Hiroshima Mythology Insults Veterans by JOHN LAFORGE Tweet Email shutterstock_229629571 2 “The atomic bomb had nothing to do with the end of the war at all.” — Maj. Gen. Curtis LeMay, WWII Air Force Commander of the 21st Bomber Command, Sept. 20, 1945. With President Obama’s May 27 visit to Hiroshima, reporters, columnists and editors generally adhered to the official story that “the atomic bomb…ultimately spared more Japanese civilians from a final invasion,” as Kaimay Yuen Terry wrote for the Minneapolis StarTribune, or that, “Without it, more Japanese would have died in a US assault on the islands, as would have tens of thousands of Americans,” as Mike Hashimoto wrote for the Dallas Morning News. “The dropping of the bombs stopped the war, saved millions of lives,” Harry Truman wrote in his memoir Truman Speaks. Oddly, historians have found no record of any memo, cable, command projection or study, military or civilian, where this estimate was suggested to him. In his book The Invasion of Japan, historian John Ray Skates says, “… prophecies of extremely high casualties only came to be widely accepted after the war to rationalize the use of the atomic bombs.” And historian Martin J. Sherwin has “cited a ‘considerable body’ of new evidence that suggested the bomb may have cost, rather than saved, American lives. That is, if the US had not been so determined to complete, test, and finally use the bomb, it might have arranged the Japanese surrender weeks earlier, preventing much bloodshed on Okinawa.” Obama — uttering not a word about the historical controversy roiling since 1945 — perpetuated the rationalization, cover-up, and nostalgia that guarantees the US will never apologize for the needless and experimental massacre of 200,000 Japanese civilians. As Hashimoto wrote, “No apology [is] needed for sparing lives on both sides…” The New York Times reported vaguely that, “Many historians believe the bombings on Hiroshima and then Nagasaki, which together took the lives of more than 200,000 people, saved lives on balance, since an invasion of the islands would have led to far greater bloodshed.” While “many” historians may still believe this, the majority do not. As noted by the US Nuclear Regulatory Commission’s chief historian J. Samuel Walker: “The consensus among scholars is that the bomb was not needed to avoid an invasion of Japan and to end the war within a relatively short time. It is clear that alternatives to the bomb existed and that Truman and his advisers knew it,” Walker wrote in the winter 1990 issue of Diplomatic History. Five years earlier, historian Gar Alperovitz wrote in Atomic Diplomacy, “[P]resently available evidence shows the atomic bomb was not needed to end the war or to save lives — and that this was understood by American leaders at the time.” Further declassification made his lengthy history, The Decision to Use the Atomic Bomb and the Architecture of An American Myth (Knopf, 1995) even stronger on this point. Admirals and Generals Debunk the Myth Contrary to Gov. Sarah Palin’s claim that Obama’s visit to Hiroshima “insults veterans,” the fiction that the atomic bombs ended the war is the real insult to the people who actually fought and won the war against Japan. The official myth that incinerating Hiroshima and Nagasaki forced Japan’s surrender ignores and obscures the fact that combat veterans and bomber crews defeated Japan well before August 6, 1945 — by sacrificing so mightily in dangerous bombing raids and in bloody battles for Midway, Guadalcanal, Iwo Jima, Okinawa, and elsewhere. Dozens of high-level military officers have testified to this fact. Most of the ranking officers who directed the war in the Pacific have never agreed that the atom bombs were conclusive. Maj. Gen. Curtis LeMay, Commander of the 21st Bomber Command, speaking publicly and for the record Sept. 20, 1945, said unequivocally: “The war would have been over in two weeks without the Russians entering and without the atomic bomb.” Pressed by a reporter who asked, “Had they not surrendered because of the atomic bomb?” Gen. LeMay — who directed the destruction of 67 major Japanese cities using mass incendiary attacks — said flatly, “The atomic bomb had nothing to do with the end of the war at all.” Likewise, Gen. George Kenny, who commanded parts of the Army Air Forces in the Pacific, when asked in 1969 whether it was wise to use atom bombs, said, “No! I think we had the Japs licked anyhow. I think they would have quit probably within a week or so of when they did quit,” Alperovitz recounts in The Decision. Alperovitz’s research found that Adm. Lewis Strauss, special assistant to WW II Navy Secretary James Forrestal, wrote to the naval historian Robert Albion Dec. 19, 1960 “from the Navy’s point of view, there are statements by Admiral King, Admiral Halsey, Admiral Radford, Admiral Nimitz and others who expressed themselves to the effect that neither the atomic bomb nor the proposed invasion of the Japanese mainland were necessary to produce the surrender.” In Mandate for Change, Gen. Dwight Eisenhower wrote that when Secretary of War Henry Stimson told him atomic bombs were going to be used, “I voiced to him my grave misgivings, first on the basis of my belief that Japan was already defeated and that dropping the bomb was completely unnecessary…” President Truman’s Chief of Staff, Adm. William Leahy, adamantly agreed. As Robert Lifton and Greg Mitchell, report in Hiroshima in America: 50 Years of Denial, Leahy said, “It is my opinion that the use of this barbarous weapon at Hiroshima and Nagasaki was of no material assistance in our war against Japan. The Japanese were already defeated and ready to surrender because of the effective sea blockade and the successful bombing with conventional weapons….” Lifton and Mitchell also note that Henry “Hap” Arnold, Commanding General of the Army Air Forces, said in his memoirs, “It always appeared to us that, atomic bomb or no atomic bomb, the Japanese were already on the verge of collapse.” Answers to questions about the need of the atomic bombings were given early on, but some were kept secret. “[T]he US Strategic Bombing Survey published its conclusion that Japan would likely have surrendered in 1945 without atomic bombing, without a Soviet declaration of war, and without an American invasion,” Alperovitz reports in The Decision. The historian spent 30 years studying the issue and has revealed that a 1946 study by the Intelligence Group of the War Department’s Military Intelligence Division — discovered in 1989 — “concluded the atomic bomb had not been needed to end the war” and “judged that it was ‘almost a certainty that the Japanese would have capitulated upon the entry of Russia into the war.’” The government’s official pretexts for incinerating Hiroshima and Nagasaki still dominate public opinion. In 2005, a Gallop poll reported that 57 percent of people surveyed in the US believed the bombings were justified and legitimate. The myth retains its usefulness. President Obama’s proposed 30-year, trillion-dollar program to rebuild the nuclear weapons production establishment can only go ahead if taxpayers hold fast to the idea that something good can come from the mass destruction of civilians.

Wednesday, August 10, 2016

Dual Citizenship -- Loyal to Whom?

List of Politicians with Israeli Dual Citizenship - 2011年6月22日 20:12 Dual Citizenship -- Loyal to Whom? by Dan Eden Someone wrote and asked me, "Why are there Israeli- but not Mexican-American Dual Nationals?" Well, here's my take on this. I'd also like your views and opinions. Unless we are Native American Indians, all Americans have their origins in some other country. Both of my parents were from England. They were proud to be "British" but they were most proud of achieving their American citizenship. Sure, we had pictures of the Queen and nick-nacks with the Union Jack on them. My mother even celebrated the traditional 4 o'clock tea time and was good at making Yorkshire Pudding. In the late 60's my older brother served in the US Army and did his tour in Viet Nam. When it came down to "allegiance," we were all patriotic Americans. Period. The word "allegiance" means that we promise loyalty. It also carries with it the expectation that this loyalty will be exclusive and unrestrained. In the case of a declared war or real threat or conflict, for example, our allegiance to America should preclude any other interest, be it another country or political ideology. When they took their oath to become American citizens, my parents had to pledge their "allegiance" exclusively to America and renounce their allegiance to "any and all foreign governments." That included Great Britain, one of our strongest allies. Before Viewzone asked me to research the meaning of "dual citizenship," I had never heard of the term. How could someone be a citizen of two countries at the same time? But I was just ignorant. Dual nationalities and citizenships are quite common. From my internet research, I learned that in 1997, a French Canadian with a U.S. passport ran for mayor of Plattsburgh, N.Y. He argued that the incumbent spoke French too poorly to be running a city so close to Quebec. He lost. Also in 1997, a retired top American official for the U.S. EPA (Environmental Protection Agency) ran for president of Lithuania. He was inaugurated in February to a burst of fireworks! In 1996, Dominicans from New York not only could vote in the Dominican Republic's presidential elections for the first time, they could vote for a fellow New Yorker. Multiple nationalities have become so commonplace that some analysts fear the trend is undermining the notion of nationhood, particularly in the place with the most diverse citizenry on Earth: the United States. Debate over the issue intensified in the late 1990s, when Mexico joined the growing list of poor nations that say it's OK for their nationals to be citizens of the countries to which they have migrated. Under the law that took effect in 1998 Mexicans abroad -- most of them in the United States -- will be able to retain Mexican citizenship even if they seek U.S. citizenship. And naturalized Americans of Mexican descent will be able to reclaim their original citizenship. The Mexican government stopped short, for now, of giving expatriates the right to vote. Security Issues Since citizenship carries with it a responsibility to be exclusively loyal to one country, the whole concept of dual citizenship and nationality raises questions about which of the dual citizenships have priority. This is extremely important when the two countries have opposing interests. It can be a deadly problem when a dual citizen is in a high position within our American government. Can one imagine a Japanese citizen serving in the Pentagon during WWII? Or how about a citizen of the Soviet Union holding a cabinet position in the White House during the Cold War? Today's conflicts are centered in the Middle East. America needs to balance foreign policies towards oil producing Arab nations with our goal being peace and stability in the region. This places a burdon on our government to be even-handed in our dealings with the Arab world and Israel. While the Iraq War was waged on lies about Weapons of Mass Destruction and revenge for 911, the real reason has emerged as a well designed global plan to improve the power and leverage of Israel. Added to this policy is yet another potential blow to American interests and security -- the impending War with Iran. This war will be waged for the security of Israel and will be paid for by the blood of American soldiers and the hard-earned money of American citizens whose quality of life is inversely tied to the cost of petrolium. Recently, in their much lauded paper, The Israel Lobby and U.S. Foreign Policy, Harvard professor, Stephen Walt, and University of Chicago professor, John Mearsheimer, focused attention on the strong Israeli lobby which has a powerful influence over American foreign policies (see BBC article). They detail the influence that this lobby has exerted, forming a series of international policies which can be viewed as in direct opposition to the interests and security of the American people. These acts and policies are more often than not carried out by US government appointees who hold powerful positions and who are dual American-Israeli citizens. Since the policies they support are often exclusively beneficial to Israel, often to the detriment of America, it has been argued that their loyalties are misdirected. A few classic examples can be cited here. Jonathan Jay Pollard was an American-Israeli citizen who worked for the US government. He is well known because he stole more secrets from the U.S. than has any other spy in American history. During his interrogation Pollard said he felt compelled to put the "interests of my state" ahead of his own. Although as a U.S. Navy counter-intelligence specialist he had a top-secret security clearance, by "my state" he meant the state of Israel. Literally tens of thousands of Americans holding U.S. passports admit they feel a primary allegiance to the state of Israel. In many instances, these Americans vote in Israeli elections, wear Israeli uniforms and fight in Israeli wars. Many are actively engaged both in the confiscation of Palestinian lands and in the Israeli political system. Three examples come to mind: One is Rabbi Meir Kahane, who founded the militant Jewish Defense League in the U.S. in the 1960s, then emigrated to Israel where, eventually, he was elected to the Knesset. Until he was shot and killed at one of his U.S. fund-raising rallies in 1990, the Brooklyn-born rabbi shuttled between Tel Aviv and New York, where he recruited militant American Jews for his activities in Israel against Palestinians. He claimed to be a "dual citizen" of America and Israel. Another Jewish American, James Mahon from Alexandria, Virginia, reportedly was on a secret mission to kill PLO Chairman Yasser Arafat when he was shot in 1980 by an unknown assailant. When he was shot, Mahon held an American M-16 in his hand and a U.S. passport in his pocket. Then there was Alan Harry Goodman, an American Jew who left his home in Baltimore, Maryland, flew to Israel and served in the Israeli army. Then, on April 11, 1982, armed with an Uzi submachine gun, he walked, alone, to Al-Aqsa, Jerusalem's most holy Islamic shrine, where he opened fire, killing two Palestinians and wounding others. Both the U.S. and Israeli governments played down the incident, as did the media. Most recently, US Navy Petty Officer, Ariel J. Weinmann, while serving at or near Bahrain, Mexico, and Austria, "with intent or reason to believe it would be used to the injury of the United States or to the advantage of a foreign nation (Israel), [attempted] to communicate, deliver or transmit classified CONFIDENTIAL and SECRET information relating to the national defense, to a representative, officer, agent or employee of a foreign government." Weinmann was apprehended on March 26 after being listed as "a deserter by his command," according to the US Navy. The information he gathered was supplied to Israel. The examples of Kahane, Mahonm, Goodman and Weinmann raise the question of when a U.S. citizen ceases to be, or should cease to be, a U.S. citizen. U.S. Law at one time clearly stated that an American citizen owed first allegiance to the United States. A U.S. citizen should not fight in a foreign army or hold high office in a foreign country without risking expatriation. What the heck happened? The 1940 Nationality Act Section 401 (e) of the 1940 Nationality Act provides that a U.S. citizen, whether by birth or naturalization, "shall lose his [U.S.] nationality in a political election in a foreign state." This law was tested many times. In 1958, for instance, an American citizen named Perez voted in a Mexican election. The case went to the Supreme Court, where the majority opinion held that Perez must lose his American nationality. The court said Congress could provide for expatriation as a reasonable way of preventing embarrassment to the United States in its foreign relations. But then something very odd happened. In 1967 an American Jew, Beys Afroyim received an exemption that set a precedent exclusively for American Jews. Afroyim, born in Poland in 1895, emigrated to America in 1912, and became a naturalized U.S. citizen in 1926. In 1950, aged 55, he emigrated to Israel and became an Israeli citizen. In 1951 Afroyim voted in an Israeli Knesset election and in five political elections that followed. So, by all standards he lost his American citizenship -- right? Wrong. After living in Israel for a decade, Afroyim wished to return to New York. In 1960, he asked the U.S. Consulate in Haifa for an American passport. The Department of State refused the application, invoking section 401 (e) of the Nationality Act -- the same ruling that had stripped the American citizen named Perez of his U.S. citizenship. Attorneys acting for Afroyim took his case to a Washington, DC District Court, which upheld the law. Then his attorneys appealed to the Court of Appeals. This court also upheld the law. The attorneys for Afroyim then moved the case on to the Supreme Court. Here, with Supreme Court Justice Abe Fortas, Lyndon Johnson's former attorney and one of the most powerful Jewish Americans, casting the swing vote, the court voted five to four in favor of Afroyim. The court held that the U.S. government had no right to "rob" Afroyim of his American citizenship! The court, reversing its previous judgment as regards the Mexican American, ruled that Afroyim had not shown "intent" to lose citizenship by voting in Israeli elections. Huh? While Washington claims it has a "good neighbor" policy with Mexico, the U.S. does not permit Mexicans to hold dual nationality. The US makes them become either U.S. or Mexican -- you can't be both. But the U.S., in its special relationship with Israel, has become very sympathetic to allowing Israeli-Americans to retain two nationalities and allowing U.S. citizens not only to hold public office in Israel, but to hold US government positions as well! No other country holds this special exception to our laws of citizenship. So, you might ask, are there any other dual Israel-American citizens who hold US government positions that could compromise American security? Yes. Consider the following list that I obtained on the web: Michael Mukasey Recently appointed as US Attorney General. Mukasey also was the judge in the litigation between developer Larry Silverstein and several insurance companies arising from the destruction of the World Trade Center. Michael Chertoff Former Assistant Attorney General for the Criminal Division, at the Justice Department; now head of Homeland Security. Richard Perle One of Bush's foreign policy advisors, he is the chairman of the Pentagon's Defense Policy Board. A very likely Israeli government agent, Perle was expelled from Senator Henry Jackson's office in the 1970's after the National Security Agency (NSA) caught him passing Highly-Classified (National Security) documents to the Israeli Embassy. He later worked for the Israeli weapons firm, Soltam. Perle came from one the above mentioned pro-Israel thinktanks, the AEI. Perle is one of the leading pro-Israeli fanatics leading this Iraq war mongering within the administration and now in the media. Paul Wolfowitz Former Deputy Defense Secretary, and member of Perle's Defense Policy Board, in the Pentagon. Wolfowitz is a close associate of Perle, and reportedly has close ties to the Israeli military. His sister lives in Israel. Wolfowitz came from the above mentioned Jewish thinktank, JINSA. Wolfowitz was the number two leader within the administration behind this Iraq war mongering. He later was appointed head of the World Bank but resigned under pressure from World Bank members over a scandal involving his misuse of power. Douglas Feith Under Secretary of Defense and Policy Advisor at the Pentagon. He is a close associate of Perle and served as his Special Counsel. Like Perle and the others, Feith is a pro-Israel extremist, who has advocated anti-Arab policies in the past. He is closely associated with the extremist group, the Zionist Organization of America, which even attacks Jews that don't agree with its extremist views. Feith frequently speaks at ZOA conferences. Feith runs a small law firm, Feith and Zell, which only has one International office, in Israel. The majority of their legal work is representing Israeli interests. His firm's own website stated, prior to his appointment, that Feith "represents Israeli Armaments Manufacturer." Feith basically represents the Israeli War Machine. Feith also came from the Jewish thinktank JINSA. Feith, like Perle and Wolfowitz, are campaigning hard for this Israeli proxy war against Iraq. Lawrence (Larry) Franklin The former Defense Intelligence Agency analyst with expertise in Iranian policy issues who worked in the office of Undersecretary of Defense for Policy Douglas Feith and reported directly to Feith's deputy, William Luti, was sentenced January 20, 2006, "to more than 12 years in prison for giving classified information to an Israeli diplomat" and members of the pro-Israel lobbying group American Israel Public Affairs Committee (AIPAC). Franklin will "remain free while the government continues with the wider case" and his "prison time could be sharply reduced in return for his help in prosecuting" former AIPAC members Steven J. Rosen and Keith Weissman, [who] are scheduled to go on trial in April [2006]. Franklin admitted that he met periodically with Rosen and Weissman between 2002 and 2004 and discussed classified information, including information about potential attacks on U.S. troops in Iraq. Rosen and Weissman would later share what they learned with reporters and Israeli officials." (source: Edward Luttwak Member of the National Security Study Group of the Department of Defence at the Pentagon. Luttwak is reportedly an Israeli citizen and has taught in Israel. He frequently writes for Israeli and pro-Israeli newspapers and journals. Luttwak is an Israeli extremist whose main theme in many of his articles is the necessity of the U.S. waging war against Iraq and Iran. Henry Kissinger One of many Pentagon Advisors, Kissinger sits on the Pentagon's Defense Policy Board under Perle. For detailed information about Kissinger's evil past, read Seymour Hersch's book (Price of Power: Kissinger in the Nixon White House). Kissinger likely had a part in the Watergate crimes, Southeast Asia mass murders (Vietnam, Cambodia, Laos), Installing Chilean mass murdering dictator Pinochet, Operation Condor's mass killings in South America, and more recently served as Serbia's Ex-Dictator Slobodan Milosevic's Advisor. He consistently advocated going to war against Iraq. Kissinger is the Ariel Sharon of the U.S. Unfortunately, President Bush nominated Kissinger as chairman of the September 11 investigating commission. It's like picking a bank robber to investigate a fraud scandal. He later declined this job under enormous protests. Dov Zakheim Dov Zakheim is an ordained rabbi and reportedly holds Israeli citizenship. Zakheim attended Jew's College in London and became an ordained Orthodox Jewish Rabbi in 1973. He was adjunct professor at New York's Jewish Yeshiva University. Zakheim is close to the Israeli lobby. Dov Zakheim is also a member of the Council on Foreign Relations and in 2000 a co-author of the Project for the New American Century's position paper, Rebuilding America's Defenses, advocating the necessity for a Pearl-Harbor-like incident to mobilize the country into war with its enemies, mostly Middle Eastern Muslim nations. He was appointed by Bush as Pentagon Comptroller from May 4, 2001 to March 10, 2004. At that time he was unable to explain the disappearance of $1 trillion dollars. Actually, nearly three years earlier, Donald Rumsfeld announced on September 10, 2001 that an audit discovered $2.3 trillion was also missing from the Pentagon books. That story, as mentioned, was buried under 9-11's rubble. The two sums disappeared on Zakheim's watch. We can only guess where that cash went. Despite these suspicions, on May 6, 2004, Zakheim took a lucrative position at Booz Allen Hamilton, one of the most prestigious strategy consulting firms in the world. One of its clients then was Blessed Relief, a charity said to be a front for Osama bin Laden. Booz, Allen & Hamilton then also worked closely with DARPA, the Defense Advanced Research Projects Agency, which is the research arm of the Department of Defense. Judicial Inc's bio of Dov tells us Zakheim is a dual Israeli/American citizen and has been tracking the halls of US government for 25 years, casting defense policy and influence on Presidents Reagan, Clinton, Bush Sr. and Bush Jr. Judicial Inc points out that most of Israel's armaments were gotten thanks to him. Squads of US F-16 and F-15 were classified military surplus and sold to Israel at a fraction of their value. Kenneth Adelman One of many Pentagon Advisors, Adelman also sits on the Pentagon's Defense Policy Board under Perle, and is another extremist pro-Israel advisor, who supported going to war against Iraq. Adelman frequently is a guest on Fox News, and often expresses extremist and often ridiculus anti-Arab and anti-Muslim views. Through his racism or ignorance, he actually called Arabs "anti-Semitic" on Fox News (11/28/2001), when he could have looked it up in the dictionary to find out that Arabs by definition are Semites. I. Lewis "Scooter" Libby Vice President Dick Cheney's ex-Chief of Staff. As chief pro-Israel Jewish advisor to Cheney, it helps explains why Cheney is so gun-ho to invade Iran. Libby is longtime associate of Wolfowitz. Libby was also a lawyer for convicted felon and Israeli spy Marc Rich, whom Clinton pardoned, in his last days as president. Libby was recently found guilty of lying to Federal investigators in the Valerie Plame affair, in which Plame, a covert CIA agent, was exposed for political revenge by the Bush administration following her husband's revelations about the lies leading to the Iraq War. Robert Satloff U.S. National Security Council Advisor, Satloff was the executive director of the Israeli lobby's "think tank," Washington Institute for Near East Policy. Many of the Israeli lobby's "experts" come from this front group, like Martin Indyk. Elliott Abrams National Security Council Advisor. He previously worked at Washington-based "Think Tank" Ethics and Public Policy Center. During the Reagan Adminstration, Abrams was the Assistant Secretary of State, handling, for the most part, Latin American affairs. He played an important role in the Iran-Contra Scandal, which involved illegally selling U.S. weapons to Iran to fight Iraq, and illegally funding the contra rebels fighting to overthrow Nicaragua's Sandinista government. He also actively deceived three congressional committees about his involvement and thereby faced felony charges based on his testimony. Abrams pled guilty in 1991 to two misdemeanors and was sentenced to a year's probation and 100 hours of community service. A year later, former President Bush (Senior) granted Abrams a full pardon. He was one of the more hawkish pro-Israel Jews in the Reagan Administration's State Department. Marc Grossman Under Secretary of State for Political Affairs. He was Director General of the Foreign Service and Director of Human Resources at the Department of State. Grossman is one of many of the pro-Israel Jewish officials from the Clinton Administration that Bush has promoted to higher posts. Richard Haass Director of Policy Planning at the State Department and Ambassador at large. He is also Director of National Security Programs and Senior Fellow at the Council on Foreign Relations (CFR). He was one of the more hawkish pro-Israel Jews in the first Bush (Sr) Administration who sat on the National Security Council, and who consistently advocated going to war against Iraq. Haass is also a member of the Defense Department's National Security Study Group, at the Pentagon. Robert Zoellick U.S. Trade Representative, a cabinet-level position. He is also one of the more hawkish pro-Israel Jews in the Bush (Jr) Administration who advocated invading Iraq and occupying a portion of the country in order to set up a Vichy-style puppet government. He consistently advocates going to war against Iran. Ari Fleischer Ex- White House Spokesman for the Bush (Jr) Administration. Prominent in the Jewish community, some reports state that he holds Israeli citizenship. Fleischer is closely connected to the extremist Jewish group called the Chabad Lubavitch Hasidics, who follow the Qabala, and hold very extremist and insulting views of non-Jews. Fleischer was the co-president of Chabad's Capitol Jewish Forum. He received the Young Leadership Award from the American Friends of Lubavitch in October, 2001. James Schlesinger One of many Pentagon Advisors, Schlesinger also sits on the Pentagon's Defense Policy Board under Perle and is another extremist pro-Israel advisor, who supported going to war against Iraq. Schlesinger is also a commissioner of the Defense Department's National Security Study Group, at the Pentagon. David Frum White House speechwriter behind the "Axis of Evil" label. He lumped together all the lies and accusations against Iraq for Bush to justify the war. Joshua Bolten White House Deputy Chief of Staff, Bolten was previously a banker, former legislative aide, and prominent in the Jewish community. John Bolton Former UN Representative and Under-Secretary of State for Arms Control and International Security. Bolton is also a Senior Advisor to President Bush. Prior to this position, Bolton was Senior Vice President of the above mentioned pro-Israel thinktank, AEI. He recently (October 2002) accused Syria of having a nuclear program, so that they can attack Syria after Iraq. He must have forgotten that Israel has 400 nuclear warheads, some of which are thermonuclear weapons (according to a recent U.S. Air Force report). David Wurmser Special Assistant to John Bolton (above), the under-secretary for arms control and international security. Wurmser also worked at the AEI with Perle and Bolton. His wife, Meyrav Wurmser, along with Colonel Yigal Carmon, formerly of Israeli military intelligence, co-founded the Middle East Media Research Institute (Memri),a Washington-based Israeli outfit which distributes articles translated from Arabic newspapers portraying Arabs in a bad light. Eliot Cohen Member of the Pentagon's Defense Policy Board under Perle and is another extremist pro-Israel advisor. Like Adelman, he often expresses extremist and often ridiculus anti-Arab and anti-Muslim views. More recently, he wrote an opinion article in the Wall Street Journal openly admitting his rascist hatred of Islam claiming that Islam should be the enemy, not terrorism. Mel Sembler President of the Export-Import Bank of the United States. A Prominent Jewish Republican and Former National Finance Chairman of the Republican National Committee. The Export-Import Bank facilitates trade relationships between U.S. businesses and foreign countries, specifically those with financial problems. Steve Goldsmith Senior Advisor to the President, and Bush's Jewish domestic policy advisor. He also served as liaison in the White House Office of Faith-Based and Community Initiatives (White House OFBCI) within the Executive Office of the President. He was the former mayor of Indianapolis. He is also friends with Israeli Jerusalem Mayor Ehud Olmert and often visits Israel to coach mayors on privatization initiatives. Adam Goldman White House's Special Liaison to the Jewish Community. Joseph Gildenhorn Bush Campaign's Special Liaison to the Jewish Community. He was the DC finance chairman for the Bush campaign, as well as campaign coordinator, and former ambassador to Switzerland. Christopher Gersten Principal Deputy Assistant Secretary, Administration for Children and Families at HHS. Gersten was the former Executive Director of the Republican Jewish Coalition, Husband of Labor Secretary. Mark Weinberger Assistant Secretary of Housing and Urban Development for Public Affairs. Samuel Bodman Deputy Secretary of Commerce. He was the Chairman and CEO of Cabot Corporation in Boston, Massachusetts. Bonnie Cohen Under Secretary of State for Management. Ruth Davis Director of Foreign Service Institute, who reports to the Office of Under Secretary for Management. This Office is responsible for training all Department of State staff (including ambassadors). Daniel Kurtzer Ambassador to Israel. Cliff Sobel Ambassador to the Netherlands. Stuart Bernstein Ambassador to Denmark. Nancy Brinker Ambassador to Hungary Frank Lavin Ambassador to Singapore. Ron Weiser Ambassador to Slovakia. Mel Sembler Ambassador to Italy. Martin Silverstein Ambassador to Uruguay. Lincoln Bloomfield Assistant Secretary of State for Political Military Affairs. Jay Lefkowitz Deputy Assistant to the President and Director of the Domestic Policy Council. Ken Melman White House Political Director. Brad Blakeman White House Director of Scheduling. I don't know about you, but dual citizenship is fine with me for an ordinary citizen. But if you hold an official position that demands that you put American interests above all else -- if you should look transparent and fair to the rest of the world regarding your formation of Middle East foreign policies, then this is a dangerous trend. Even if there were no pro-Israeli agenda, the fact that decision makers have a bias or an allegiance to one of the parties involved in the current conflict should have raised red flags long before now. If you think we're being unfair here, ask yourself: How you would react to the Head of Homeland Security if he or she were a dual national with citizenship in Iran, Lebanon or Saudi Arabia? Ask yourself why you don't feel the same about Israeli dual citizenship. Then you will understand how powerful the Israeli lobby has been in "adjusting" your acceptance of their special status. Hey, I could be way off on this. Let's hear from you. UPDATE: December 4, 2007 Newsweek's Michael Isikoff reports that Iraq war architect Paul Wolfowitz has been rewarded with a new position in the Bush administration which will allow him to oversee classified intelligence and inform policies on WMD issues. Secretary of State Condoleezza Rice has offered Wolfowitz, a prime architect of the Iraq War, a position as chairman of the International Security Advisory Board, a prestigious State Department panel, according to two department sources who declined to be identified discussing personnel matters. The 18-member panel, which has access to highly classified intelligence, advises Rice on disarmament, nuclear proliferation, WMD issues and other matters. "We think he is well suited and will do an excellent job," said one senior official.

Monday, August 08, 2016

Did FDR Provoke Pearl Harbor?

Did FDR Provoke Pearl Harbor? By PATRICK J. BUCHANAN • December 5, 2011, 7:43 PM
Tweet On Dec. 8, 1941, Franklin Roosevelt took the rostrum before a joint session of Congress to ask for a declaration of war on Japan. A day earlier, at dawn, carrier-based Japanese aircraft had launched a sneak attack devastating the U.S. battle fleet at Pearl Harbor. Said ex-President Herbert Hoover, Republican statesman of the day, “We have only one job to do now, and that is to defeat Japan.” But to friends, “the Chief” sent another message: “You and I know that this continuous putting pins in rattlesnakes finally got this country bit.” Today, 70 years after Pearl Harbor, a remarkable secret history, written from 1943 to 1963, has come to light. It is Hoover’s explanation of what happened before, during and after the world war that may prove yet the death knell of the West. Edited by historian George Nash, Freedom Betrayed: Herbert Hoover’s History of the Second World War and Its Aftermath, is a searing indictment of FDR and the men around him as politicians who lied prodigiously about their desire to keep America out of war, even as they took one deliberate step after another to take us into war. Yet the book is no polemic. The 50-page run-up to the war in the Pacific uses memoirs and documents from all sides to prove Hoover’s indictment. And perhaps the best way to show the power of this book is the way Hoover does it — chronologically, painstakingly, week by week. Consider Japan’s situation in the summer of 1941. Bogged down in a four year war in China she could neither win nor end, having moved into French Indochina, Japan saw herself as near the end of her tether. Inside the government was a powerful faction led by Prime Minister Prince Fumimaro Konoye that desperately did not want a war with the United States. The “pro-Anglo-Saxon” camp included the navy, whose officers had fought alongside the U.S. and Royal navies in World War I, while the war party was centered on the army, Gen. Hideki Tojo and Foreign Minister Yosuke Matsuoka, a bitter anti-American. On July 18, 1941, Konoye ousted Matsuoka, replacing him with the “pro-Anglo-Saxon” Adm. Teijiro Toyoda. The U.S. response: On July 25, we froze all Japanese assets in the United States, ending all exports and imports, and denying Japan the oil upon which the nation and empire depended. Stunned, Konoye still pursued his peace policy by winning secret support from the navy and army to meet FDR on the U.S. side of the Pacific to hear and respond to U.S. demands. U.S. Ambassador Joseph Grew implored Washington not to ignore Konoye’s offer, that the prince had convinced him an agreement could be reached on Japanese withdrawal from Indochina and South and Central China. Out of fear of Mao’s armies and Stalin’s Russia, Tokyo wanted to hold a buffer in North China. On Aug. 28, Japan’s ambassador in Washington presented FDR a personal letter from Konoye imploring him to meet. Tokyo begged us to keep Konoye’s offer secret, as the revelation of a Japanese prime minister’s offering to cross the Pacific to talk to an American president could imperil his government. On Sept. 3, the Konoye letter was leaked to the Herald-Tribune. On Sept. 6, Konoye met again at a three-hour dinner with Grew to tell him Japan now agreed with the four principles the Americans were demanding as the basis for peace. No response. On Sept. 29, Grew sent what Hoover describes as a “prayer” to the president not to let this chance for peace pass by. On Sept. 30, Grew wrote Washington, “Konoye’s warship is ready waiting to take him to Honolulu, Alaska or anyplace designated by the president.” No response. On Oct. 16, Konoye’s cabinet fell. In November, the U.S. intercepted two new offers from Tokyo: a Plan A for an end to the China war and occupation of Indochina and, if that were rejected, a Plan B, a modus vivendi where neither side would make any new move. When presented, these, too, were rejected out of hand. At a Nov. 25 meeting of FDR’s war council, Secretary of War Henry Stimson’s notes speak of the prevailing consensus: “The question was how we should maneuver them (the Japanese) into … firing the first shot without allowing too much danger to ourselves.” “We can wipe the Japanese off the map in three months,” wrote Navy Secretary Frank Knox. As Grew had predicted, Japan, a “hara-kiri nation,” proved more likely to fling herself into national suicide for honor than to allow herself to be humiliated. Out of the war that arose from the refusal to meet Prince Konoye came scores of thousands of U.S. dead, Hiroshima, Nagasaki, the fall of China to Mao Zedong, U.S. wars in Korea and Vietnam, and the rise of a new arrogant China that shows little respect for the great superpower of yesterday. If you would know the history that made our world, spend a week with Mr. Hoover’s book.

Monday, June 06, 2016

Sex Slavery for US military and Rape in Okinawa

 作家・北原みのり氏の週刊朝日連載「ニッポンスッポンポンNEO」。沖縄の元米軍海兵隊による殺害事件について言及する。 *  *  *  沖縄で20歳の女性が殺された。容疑者は元米軍海兵隊の30代の男だ。こういう事件が起きるたび、とっさに耳と目を塞ぎたくなる。防衛本能だと思う。事件の直後から、必ずといっていいほど聞こえてくる暴言の数々に、耐えられそうもない。  案の定、オバマ大統領来日を控えていた政府内から「最悪のタイミングだ」という声があがったことが報道された。また前衆議院議員の中山成彬氏は「折からの県議選にも影響する最悪のタイミング」とTwitterでつぶやき、橋下徹氏は3年前に国内外からバッシングされ撤回した自身の発言「(米軍に)風俗を活用してもらいたい」を「やっぱり撤回しない方がよかったかも」とTwitterでつぶやいた。中山成彬氏にいたっては、「護身術を身につけることを勧める」「下手に日本女性に手を出すと逆にやられるぞという風評を広めたい」とも発言しており、私は、これらの暴力発言に、じわじわと苦しみが深まっている。この国で女として生きている意味を考えさせられている。  先日、沖縄で性暴力問題に長年取り組んできた高里鈴代さんの講演を聴いた。日本の敗戦後、アメリカの占領地となった沖縄で、アメリカ軍が公認する風俗店がつくられた。いわゆるAサインバーと言われていて(AはApproved=許可されている)、ここで働く女性たちは、性病検査を徹底的に受けさせられた(性病検査済み=Approvedな女)。Aサインバーがつくられたのは、徹底的に沖縄の米軍人を性病から守り、彼らの健康を維持するためだった。 当時の状況を調査した時、特にベトナム戦争時のAサインバーで働く女性たちの過酷さは、筆舌に尽くしがたいものがあったという。人を殺す訓練を受け、実際に殺し、自分も生と死の狭間から生還した男たちが沖縄に立ち寄った時、女たちは1日に20~30人もの相手をしなければいけない日々だった。女たちは店から様々な名目で借金を背負わされ、1カ月平均100ドルの給料時代に、7千ドルの借金を抱えさせられていた人もいた。自分の意思で辞められない状況だったのだ。そして何より、Aサインバーがあったとしても、米軍による強姦事件はなくならなかった。  高里さんは、こう仰る。 「沖縄の米兵は透明人間なんです」と。  どこから来て、どこに移動するのか、沖縄の人たちには知らされていない。数時間後にグアムの基地に向かう米兵2人によるレイプ事件が起きたこともあった。沖縄滞在は、たった2日だった。不平等な地位協定のため、もし日本の警察が彼らを捕らえられなければ、加害者が罰せられることはなかっただろう。 「タイミング」の問題ではない。そして「風俗活用云々」の問題ではない。沖縄の人が、そして米軍基地の周辺に住む人々が、常に抱えている恐怖であり、悔しさだ。その痛みによりそうことなく、男の性欲の話をまずする男や、政局の話をしたがる政治家たちに、感じる心はあるのだろうか。 ※週刊朝日 2016年6月10日号

Tuesday, August 25, 2015

Japanese 'Comfort Women' and U.S. Military. Prostitutes

-209- 日本軍「慰安婦」と米軍基地村の「洋公主」 ─ 植民地の遺産と脱植民地の現在性 ─ LEE Na-Young (李 娜榮)/呉 仁済(訳) 1 .はじめに 「少なくとも自国の娘を 他民族の慰みもの として差し出し,外貨獲得,安保の論理を掲げ ることは無いようみなが努力しなければ」ならない。 (マル誌,1988:112) 」 (強調は筆者, 以下同じ) 「日本帝国主義の挺身隊―すなわち従軍慰安婦は,有史以来人類が犯した10大罪悪のひ とつに数えられるほど残忍な蛮行である。被害者のハルモニたちの証言によると,一日に 最高で60人の飢えたオスを相手にしなければならなかったというからゾッとする。ユダヤ 人収容所のナチスも考えつかなかったほど非人道的な蛮行である。その従軍慰安婦として, 10代前半の少女である国民学校高級班まで連行した事実が当時の学籍簿などで立証されて いるが, 民族に対する侮辱と冒涜 がそれほど骨の髄まで浸透していたというのだろうか。 挺身隊に連れて行かれた国民学校の少女らの学籍簿の記録を見てみよう。体が肥えてはち きれそうで,明朗なので小さく見えるが成熟したところがあり,血色が良く胸板が厚く, 忍耐力が強い等,性奴隷として適格であることを強調している。壬辰倭乱〔文禄・慶長の役〕 以来不変の,彼らの 残忍な民族性の発露 以外の何者でもない。日本総理の謝罪は言うまで もなく,被害者のハルモニたちへの補償だけで済む問題ではないということを言わんとす るこの国民学校生徒の挺身隊の瞳が 民族の良心に銃弾を打ち込んでいる。 (朝鮮日報 ,1992 年1月15 日,イ・ギュテコーナー) 」 「日本軍慰安婦と聞いて最初に思い浮かぶのは,日本軍で性病の広がりを防ぐための『軍 隊による政策的な性病診療』 ,毎日数十名の日本軍を相手にするよう強制されたということ, そして数十年間朝鮮女性に対する拉致と日本軍慰安婦に対する殺人と殴打が,誰に妨害さ れるでもなく行われたという点等である。呆れることに, 解放後このような非人間的な状 況 は,基地村の女性たちに対してもそのまま繰り返された......日本軍慰安婦であった朝鮮 女性が日本軍が移動するアジア全域を引きずり回され 日本軍の性奴隷 として生活したよう に,基地村の女性は米軍の訓練場所が移れば毛布一枚だけを持ってついて回る自分たちを みずから「毛布部隊」と呼ぶ現実がある。 」 (老 ノグンリ 斤里から梅 メヒャンリ 香里まで,2001:316 - 317) 以上の言説は,日本軍「慰安婦」問題と米軍基地村の「洋 ヤンゴンジュ 公主」 (韓国で一般的に使われる, 基地村の性売買に従事する女性への蔑称) 〔公主は姫の意〕問題を切り離して考えることの出来 ない韓国の歴史的現実をよく示している。最初の文章は,民主化運動が盛り上がっていた 1980 年代後半,米軍基地村がアメリカ帝国主義の象徴として注目された当時,代表的な進歩系雑誌 に掲載された「洋公主」に関する記事の一節である。二つ目の文章は,韓国の代表的な保守系 日刊紙の論説委員が,日本軍「慰安婦」問題が社会的なイシューとなった時期に書いた社説の 内容である。最後の文章 は,2000 年代初め,米軍駐屯による歴史的な被害を告発するために結 成された進歩集団が発刊した小冊子の一部である。このように,大韓民国において「慰安婦」 と「洋公主」は歴史的な節目ごとに特定の「記標」 〔記号表現,シニフィアン〕として登場して きた。それぞれ異なる文脈と目的から出発するが,韓国の左派/右派陣営には,女性の身体を 借りて民族の自尊心という名目により日本帝国主義とアメリカ帝国主義の「残忍さ」を告発し ているという相同性が見られる。この時,明示的に表現されるのは「被害者=女性」であるが, 実質的な語り手は隠された「発話者=主体=男性」である。女性の身体は植民地主義と帝国主 義の残忍な行為が行われる場所であり,民族の自尊心を発話する道具となるが,女性の身体そ のものは沈黙させられたまま発話者の主体位置を確認するための象徴としてしか使われない。 ここに,進歩と保守は「女性」という鏡に互いの姿を映し,韓国,アメリカ,そして日本は「民 族主義」という鏡に互いを映し出すことによって,相補的な支持関係を表す。 一定期間日本軍「慰安婦」がそうだったように,韓国人にとって基地村は誰も触れたくない が誰もが知っている「秘密」であった。民族と国家の「恥辱」として無意識の層位に隠されて いた暗い影のような存在である。しかし,日本軍「慰安婦」と米軍基地村の「洋公主」は,時 空を行き交い,記憶と忘却の薄い層位を行き来して浮遊する幽霊のように常にわれわれの周囲 を飛び回り,予想できない日常の中でふと「私」自身と遭遇する。われわれはなぜ語らなかっ たのか,そしてなぜ「ある瞬間」に発話するのか? いかなる文脈で誰が語るの か? 1980年 中頃,日本軍「慰安婦」問題が公論化される前, 「洋公主」 〔 양공주 〕 「洋セクシ」 〔 양색시 〕 「洋 ガルボ」 〔 양갈보 〕の公式的な用語が慰安婦( comfort woman )であったという事実を考えると, なぜ日本軍「慰安婦」はある瞬間に歴史化されたが,米軍基地村の「洋公主」は未だ非可視化 されたまま残されているのだろうか?  その過程でわれわれは何を「歴史化」し,何を残存物の まま残しておくのか? 言い換えると,日本軍「慰安婦」と米軍基地村の「洋公主」についてわ れわれが知っていることは一体何であり,真に「知ろうとすること」とはまた何だろうか? そ してその理由は何か? このような問いは,必然的に「われわれの記憶にはどのような『歴史』 があるのか」という問いにつながる。失った歴史の残存物の中に残されているものは何なのか? 本稿は,大韓民国の現在を生きるわれわれ全員の複雑な記憶の層位の中に隠されている女性 の「存在」についての物語である。 「他者」の経験に関するものではなく, 「われわれ」の過去 と現在を構成する象徴であり, 「実際」に機能する日本軍「慰安婦」と基地村「洋公主」の歴史 的な構成方法に関する事柄なので,われわれ自身にまつわる物語である。これまで多くの国内・ 国外のフェミニストは,民族主義とジェンダーの間にある矛盾した関係を告発するとき, 「慰安 婦」と「洋公主」に注目してきた。そうすることで韓国の家父長男性の家父長性が植民性と結 合する時に振るわれた女性への暴力と搾取の構造を明らかにし,隠された男性中心的な民族(主 義)の二面的な顔を明らかにしようとした。何よりも男性中心的な民族主義と帝国主義,植民 地主義の相同性を暴露しようとするフェミニストの企 プロジェクト 画は,真の脱植民地国家に対する問いで あった。筆者はそのようなフェミニストの企画を継承し拡大させながら, 「慰安婦」 と 「洋公主」 の構成条件を検討し,これらの相同性と相違点について分析する。結論的には,大韓民国の「過 去」に記憶を巻き戻し,失ったものと残ったものの絶え間ない対話を追及するこの論文は,ベ ンヤミンの言葉を借りるなら, 「歴史的な唯物主義」に基づくものであるといえる( Eng and Kazanjian, 2003 : 1) 。失ったものは残ったものと不可分の関係にある。それは歴史の中で消し去 られたわれわれの記憶を紡ぐ作業が,われわれの立つ歴史の「場」への逆説的な「登場 ( emergence ) 」を予告するからである。したがって本稿では,逆説的に登場せざるを得ないもの を辿っていきたい .米軍基地村の「洋公主」づくり 日帝の植民地遺制を基盤として 日本の植民地支配が終息して以降も,朝鮮半島の女性の身体/セクシュアリティに対する統 制と活用の歴史は断絶することなく継続した。解放直後に始まった南朝鮮の米軍政は,アメリ カ国内の性売買禁止政策とは異なり,米軍兵士の保健と衛生のために性売買を管理・統制 (regulation and control)する政策を採用した。これにより,公娼をはじめ性病感染が疑われる すべての「危険な」女性は性病検査の対象となったが ,初の検査は194 6年3月 に明月館,国一 館などで働くソウル市内の四大券番の妓生を対象とした採血検査だったという。その後,軍政 庁の指示で厚生部が主導してソウル市内の各券番の妓生に対して性病検査が実施さ れ,1947年 になると米軍政は「市民の保健厚生を期して」 「花柳病根絶策」の名分を掲げ,公娼はもちろん 女給妓生まで定期的な検診を実施し,健康証明書を交付して私娼を統制しようとした。したがっ て,妓生,女給,ダンサー,接客婦,ウェイトレスなどすべての「接客業者」は,定期的な検 診と処置の対象となり,健康証明書の発給を勧められ,身体検査で引っかかった者は許可を得 られなかったか,既存の許可権が取り消された。性病に感染したことが判明した女性は,当時 性病感染者の治療を主に担当していた国立性病センター(1947年12月開設)に送られたり,完 治するまで女性監獄に監禁されたりもした。監獄から放免された後も,完治していないことが 疑われる梅毒患者には継続的な治療が強制された。 記憶すべきは,性売買の効率的な管理のために米軍政が日帝当時の公娼地域(集娼地域)を そのまま活用したという事実である。ある報告書は,日帝の登録制性売買のおかげで性売買女 性の居住を「 (米)憲兵隊によって成功裏に保護を受けられる」狭い地域に制限することができ るようになったことで,高い接近性と効率的な統制の可能性が確保されたと指摘している ( Report from Joseph T. Caples, Lt. Col. MC Surgeon, Titled “ Factors Influencing Rates, VD Rates during the Last Six Months of 1948 and Januar y 1947 , ” 2 Februar y, 1949) 。 実際公娼地域は,毎週実施される性病検査を容易にし,究極的には「駐屯部隊において性病を最 小化」させようとした米軍医官の要請にもとづいて 1945年後半 から米軍兵士にとって「出入り許 可区域」 ( on limits )とされ始めた。また,性病諮問委員会は,士兵〔将校より下位の下士官 ・ 兵卒〕 の性的活動を監視するため, 「士兵サービスクラブが単位地域になるべく近い場所あるいは単位地 域内に設置されること」を勧告したりもした( Headquarters XXIV Corps, APO 23 , May 11 , 1948) 。 米軍が日帝公娼地域を活用できた背景には,ほとんどの米軍基地が日帝時代に建設された軍 基地にもとづいていたという事情がある。例えば,富 プピョン 平は,194 5年9月に 米軍が進駐し韓国で 初めての基地村がつくられた地域だが,元は日帝が 1930年代に 満州事変を支援するために建設 した兵站基地で,かつ公娼地区でもあった。米軍は,日帝によって建立された大規模な造兵廠 の建物を活用し,補給輸送本部を設置し,南朝鮮駐屯の全米軍部隊への兵站,補給,輸送業務 を担当させた。これは,キャンプ・グラント( Camp Grant ) ,キャンプ・マーケット( Camp Market ) ,キャンプ・タイラー( Camp Tyler ) ,キャンプ・ヘイズ( Camp Hayes )などを網羅す る広範な軍事基地であった。米8軍司令部の駐屯により形成された梨 イテウォン 泰院地域もまた日帝司令 部の心臓部であったが,米軍司令部が当時の建物をそのまま使用し,釜山のハヤリア部隊地域 〔 Camp Hialeah 〕も日帝の軍司令部を米軍が代替したものだった。ほとんどの日本軍基地が米軍 基地に変貌を遂げたように,相当数の日帝公娼地域(集娼村)が米軍基地村へと変化した。 龍 ヨンサン 山, 釜山, 玩月洞, 凡 ポムジョンドン 田洞 (米 「ハヤリア」 部隊入口) , 大 テグ 邱の桃 トウォンドン 源洞 (いわゆる 「チ 小石の庭 ャガルマダン」 ) , 大 テジョン 田の中 チュンアンドン 央洞(旧貞 チョンドン 洞)など,ほとんどの集娼村は日帝時代に有名な公娼地域であったものが 米軍基地村に活用され, その後韓国国民にとって代表的な性売買地域(集娼村)として機能した。 1947年11月,公娼制が廃止された後,表面上は禁止主義が宣言されたが,事実上性売買は米 軍によって継続的に管理され た。194 8年5月, 米軍は緊急会議を招集し,全国的な性売買がは びこり性病感染率が増加していると主張し,その根本的な原因として公娼制廃止令を挙げた。 彼らは, 「適法な性売買を不法とする法律第7号の執行」が事実上性売買女性の活動を管理・統 制できなくしていると不平をもらした。したがって,性売買女性を対象とした性病検査,感染 者への性病検査,監禁,治療はほとんど米軍が撤収する 1949年まで 続き,米軍のみを相手にす るサービス・クラブ( ser vice clubs )とダンスホールもまた,依然として「合法的な」米軍の余 暇施設として,米軍兵士と性売買女性が接触する場所に使用された。 兵士の性欲管理と安寧のために 日帝の植民地支配と米軍政支配が基地村の構築に必要な下部構造を整備したとすれば,朝鮮 戦争は基地村の成長のもととなる肥沃な土壌となった。戦争勃発直後から朝鮮戦争に投入され た外国軍人は,1951年の約20万人から1953年には3 2万5千人に増加した。これに伴い,韓国 政府の立場からは自国の女性の貞操管理という次元で「若い」外国兵の性欲管理が主要な問題 として浮上し,国連軍を率いるアメリカの立場からは戦闘によって疲弊した兵士を慰撫するこ とが戦闘力維持のための必須課題として持ち上がった。これにより韓国政府は,特定の場所に 慰安所を設置し,登録制を実施して性売買女性に強制的に性病検査を受けさせ,許可を受けた 業者と性売買女性から一定の税金を徴収するなど,名実共に「公娼制」が復活した。特に兵士 の性的欲求の解消を通じた軍の士気高揚のため軍慰安所が設置されたが,イ・イムハによると 1950年夏,釜山慰安所 の設置に次いで馬 マサン 山に連合軍慰安所5ヶ所が設置さ れ,1951 年には釜山 だけで慰安所74ヶ所と国連軍用ダンスホール5ヵ所が許可されたという(イ・イムハ,2004 a ) 。 慰安所は,韓国軍が直接介入して設置し民間業者が監督するやり方と,民間業者が最初から進 んで関係当局に申請しそれを政府が許可するやり方の二形態に分けられる -215- 日本軍「慰安婦」と米軍基地村の「洋公主」 ( LEE ) 朝鮮戦争が終わって軍隊慰安所と「公式的な」軍慰安婦の存在は解体されなければならなかっ たが,韓国政府の望みは性病統制だけでなく,彼女たちに対する効率的な統制であった。特に, 朝鮮民族/外国人(他者) ,性売買女性/一般女性,内国民相手の性売買/外国人相手の性売買 などの多様な境界に対する国家権力と「一般国民」の不安感は,外国人を相手に性売買を行う 女性に対する強力な統制方法についての関心につながっていった。そうしてソウル市内の随所 に広がっている私娼と「洋公主」を一定地域に集結,統制しようとした韓国政府の関心と効率 的な戦闘力向上のため安全なセックスおよび性病防止対策に悩んでいたアメリカ側の利益が一 致し,両国の協議が始まった。 これを受けて性病防止のための<性病対策委員会>が韓米間に組織され ,1957年第4次会議 において「慰安婦」女性を一定地域,すなわち国連軍,韓国軍駐屯地およびソウル,釜山,大 邱などに集結させなければならないという意見が提起され,この問題を米8軍と協議すること が決まった。委員会に参席した米経済調整官室( OEC ) 〔 Office of Economic Coordinator 〕側の 関係者は,この問題を韓国政府が決定して欲しいと提議した。そしてこの決定により,米8軍 ではソウルに接客業所10ヶ所,仁川にダンスホール12ヶ所,釜山にダンスホール2ヶ所など を指定し設置した。これにより ,1957 年保健社会部傘下の性病診療所89ヶ所のうち半分近い 43ヶ所が,米軍基地が集中するソウル,釜山,大邱,坡 パジュ 州,楊 ヤンジュ 州,平 ピョンテク 澤の6地域に設置される。 妓生,酌婦,女給,ダンサー,下女などとともに定期的に性病検診の対象となった洋公主とい う範疇は,今や国家機構によって公式的に「慰安婦」と「米軍同居女」の二つに分類され,他 の性売買女性と区別して統制され始めた。 1957年以降 ,政府の一連の政策によって,洋公主の区画化と隔離,効率的な監視体制が可能 となり,性病診療所が米軍基地周辺に集中し,相対的に自国の兵士の「安全」が確保されたと 判断した米軍当局は,同年米軍の外出と外泊を許可する。米軍の外泊許可は,同 年(1957年) 日本に性売買防止法が制定された事実と無関係ではない。韓国政府は米軍の日本行き性売買の 需要を韓国内に向けるための方法として,慰安婦を相手に啓蒙講演会を開いた。各地の警察幹 部が直接介入して組織し,管理・実行するやり方だったが,主な内容は性病予防と米軍を相手 にするときの正しい態度を身につけるためのものだった。以上のように, 米軍の余暇と休息 ( Rest & Recreation ( or Recuperation ) )のための安全な空間づくりの土台が用意されると,小さな村 落だった村々は基地村(東 トンドゥチョン 豆川,議 ウィジョンブ 政府など)として急激に栄えることになる。 国家安保と経済発展のために 基地村の本格的な制度化と定着は,朴正煕政権によってもたらされた。朴正煕政権は, 「淪落 行為等防止法」 (1961年11月9日公布。以下,淪防法と略す)とは 無関係に,1961年 観光事業 振興法を制定し,これにもとづいて免税ビールの供給を受けた特殊観光施設業者を公式化する。 また, 「国内の各種行事にともなう多くの外国人来韓に備えて」 淪防法が適用されない 「赤線地帯」 を設定した。私娼根絶の難しさと性売買女性の救済,補導という美名のもと,外国人相手のド ル稼ぎで女性を差し出すことのできる口実を見つけ出し,1962年6月に保社〔保健社会部〕 ,法 務,内務の3部合同で国内の全104ヶ所に特定の淪落地域を設定,淪落行為の取り締まりを免 除する赤線地帯に指定したのである。ここでは龍山駅,永 ヨンドゥンポ 登浦駅,ソウル駅など全国46の性売 買集結地域と,梨泰院,東豆川,議政府など32の基地村が含まれていた。このような特定淪落 地域設定の名分として,政府は淪落地域を一般人居住地域から隔離し,市民の風俗と教育に及 ぼす悪影響を希釈し,淪落女の集団化を誘い,彼女たち自身が抱 ポジュ 主〔女郎屋の主人〕による搾 取を自発的に防御し,効率的な性病管理が可能である点を掲げている。しかし,特殊地域設定 の直前である196 2年4月に <人身売買及び他人の売春からの搾取の禁止に関する条約>〔人身 売買禁止条約〕に署名したという事実は,国家の利益という大前提のもとに行われる女性の性 的労働に対する搾取が犯罪にはならないというアイロニーを示している。結局,悪徳抱主の搾 取からの保護,貯蓄誘導と就業補導など,淪落女性をして「新たな生活」に導くため特定区域 の設定が不可避であったという名分の裏には,国家の経済成長と外貨稼ぎの道具として女性の セクシュアリティを活用するという意思が隠れていたのである。朴正煕政権は「慰安婦」を新 たに「特殊業態婦」と呼び,彼女らの身体の効率的な統制および管理の体系を模索した。これ により<特殊観光協議会>と<韓米親善協議会>が基地村の性売買を通じた外貨稼ぎの主要な 制度基盤として設置される。前者は観光事業奨励というレベルで,後者は韓米民間人の親善の 促進という美名の下に設立されたが,これらはさまざまな外形上の変化を経て,基地村の性売 買女性に対する統制・管理機能を含めた基地村の「問題」を管理・経営する公的機構として定 着する。 基地村の景気が絶頂だった 1960年代当時 ,登録証のある女性,米軍と正式に結婚した女性以 外に「ヒッパリ」 〔日本語の「引っ張り」に由来〕など,登録のないまま働く女性の数が東豆川 一帯だけでも1万名に肉薄したという。米軍2,3名当り一名の性売買女性がいたという当時の 一般的な算出基準にもとづくと,基地村全体の性売買女性の数は少なくとも2万名に達しただ ろうことが推定される(政府推算1万6千名) 。まして公式的には20歳以下の女性のみが保健 所に登録することができたが,相当数の未成年者が未登録状態のままであったと推測される。 女性が政府指定の場所で性売買を行える条件は,週に一度一般の産婦人科に委託した性病診 療所(または保健所)に行って検診を受け,自身がきれいな「体」で「安全なセックス」を米 軍に提供できることを証明することであった。したがって,彼女らにとって検査証は,常に所 持すべき基本的な身分証と同じであった。検査証を所持していないことが米軍憲兵に見つかる と,憲兵の車に乗せられて警察署に連行され,即決裁判を受けた。検査証を忘れた日には,再 発給のために保健所(韓国)職員に賄賂まで差し出さねばならなかった。時には,性病がある と判断され米軍に目を付けられると,有無を言わさずトラックに乗せられ収容所に連行される こともあった。一時期基地村で性売買を行っていたキム・ヨンジャ氏の証言によると,米軍一 名が性病にかかると,誰から性病が移ったのか追求して回ったという(キム・ヨンジャ, 2005) 。ところがほとんどの米軍の「目」からは,夜に出会った韓国女性の外見を見分けるのは 容易でなかったので,顔の似た複数の女性を疑うことがよくあったし,医務隊出身の軍人は疑 われた女性全員をジープに乗せてモンキー・ハウス〔駐韓米軍を相手にして性病を患った女性 を強制収監した施設〕に送ったという。こうして収容された者は,大韓民国という地で米製品 だらけの米製収容所で米製の薬を投与され,米軍によってきれいな女かそうでないか検査され ることを「恥ずかしくもいぶかしく」思った。そして大韓民国が「淪落行為が法で禁止された国」 であるという事実を知らなかった -217- 日本軍「慰安婦」と米軍基地村の「洋公主」 ( LEE ) 問題は,そのようにして稼いだお金の多くが,基地村の女性自身のためではなく家族扶養に 充てられたという事実である。貧しい家族の生計のため,兄や弟の学費のため,病床の父母の 薬代のため,その他さまざまな理由で彼女たちが稼いだお金は大韓民国の家父長家族の維持と 再生産のために使われた が,1970 年代当時京 キョンギド 畿道観光運輸課は,京畿地方だけで年間8百万ド ルの外貨が 「洋公主」 の手に入り, 「彼女らが稼ぐドルに頼って暮らす扶養家族数も一日平均4名」 であると公式に認めている 。1970 年代当時米軍の数が45 , 000名余りであることを勘案して推定 される基地村女性の数を20 , 000名余りとすると,少なくとも80 , 000名が「洋公主」の収入源に 直接依存して生計を維持していたと思われる。 植民地と戦争,アメリカによる再植民地化とクーデターなど,ダイナミックな現代史を歩ん だ大韓民国は,国家安保のために駐韓米軍の継続的な駐屯が不可避だったのも事実だが,農業 など生産関連の産業が没落しサービス業に依存する奇形的な産業構造とともに,アメリカによ る援助と米軍基地から流れ出る外貨に絶対的に依存していたので,経済的な側面からも米軍の 存在は絶対的であった。特に, PX 〔軍内の売店〕経済と呼ばれるほど米軍基地から流れ出る米 製物品と米軍関係の経済的効用は,当時の国家の根本的な基盤となるほど重要であった。当時 基地村関係の産業は GNP 全体の25 % を占め,このうち半分が性産業に関わるものだったという ( Moon, 1997) 。実際,1960年代の米軍専用ホールは,1964年に9百7十万ドル以上の利益を上 げたが,それは韓国が稼ぐ外貨(ドル)1億ドルの10 % におよぶものだった。一人当たりの国民 所得が100ドルに満たなかった頃,一ヶ月で120ドルの賃金をもらう米軍士兵の威力は事実上 大きなものだった。そのような基地村経済への依存 は,1970年代,当時のキム・ ハンリョル経 済企画院長が国会質疑の答弁で認めたように,米軍駐屯により得られる外貨は建設,用役,物 品からなる直接軍納〔民間業者が軍に物資を納品すること〕1億ドルと不法 PX 経済などを除い ても,年間1億6 千万ドルに達したという(新東亜,1970.9月号:130) 。そのうち京畿道内の 米軍専用ホール200余りを通じて稼ぎいれる収入だけでも6百万ドルに達したが,政府は基地 村ホールから観光振興という名目で毎月一定額を徴収した。米軍専用ホールは「観光振興法」 によって毎月500ドルを銀行に預金しなければならなかったが,この法定ドルを納められなけ れば当局から許可取消処分を受けもした。 1970年代に入って女性の セクシュアリティが外貨稼ぎの主な資源と国家経済成長の足掛かり として認識されると, 「洋公主」は「民間外交官」 「経済建設のために必要な外貨を獲得するた めに身体を捧げる」 「愛国者」と呼ばれ始めた。特にニクソン・ドクトリン以降米軍撤収が憂慮 されていた時期,韓国政府は基地村の女性を国家安保のための必須の存在として認知し,性的 に接触する米軍に 「民間外交官」 の役割を果たすよう教育した。性病予防教育と簡単な英語講座, 米国式の礼節教育が「教養講座」という美名の下,主に保健所や警察署で行われた。キム・ヨ ンジャは 「洋公主」 が 「愛国者」 と呼ばれていた教養講座を次のように振り返る。 「ふむふむ, えー, あなた方は愛国者です。勇気と誇りをもってドル獲得に寄与することを忘れてはいけません。 えー,私はみなさんのような隠れた愛国者のみなさんに感謝いたす次第です」 (キム・ヨンジャ, 2005) 。 このように,反共―親米主義的な思考回路をもとに西欧流の発展論理を無批判に追求してき た韓国式近代化の歴史の中で,基地村の女性は米軍に「体を売る」汚い「洋ガルボ」として社 会的な蔑視の対象となったが,時には国益に寄与するドル稼ぎの「愛国者」と呼ばれた。韓国 政府は特殊区域の指定,酒類免税,韓米親善協議会,韓米親善郡民協議会,韓国特殊観光協議 会など数々の名目と制度をつくり,女性を継続的に統制し搾取してきたが,公式の歴史の中で は彼女たちの存在は可視化されて来なかった。大韓民国全体が「洋公主」が保証する国家安保 に依存し, 「洋セクシ」が稼いだ金に,あるいは彼女たちの職場と結びついた経済構造に寄生し, 一定程度アメリカの「慰安婦」となって生きてきた歴史は沈黙の記憶の中に埋められるしかな かった。 結論的には,基地村を通じてアメリカは外部に露出することのない孤立した地域で米軍の性 的欲求を安全に解決し,民主主義と自由の守護者というイメージを維持することができたし, 韓国政府は国家経済と安保の保証を得ながら韓国社会全般の性産業の形態,奇形的な産業発展, 家父長的イデオロギーと結びついた基地村の問題を米軍基地だけの問題に還元することで,国 家の問題を地域化,個人化,種別化することに成功した。 4 .日本軍「慰安婦」と米軍基地村「洋公主」の相同性 では,特定の歴史的な局面において構成され,日本軍「慰安婦」と米軍基地村「洋公主」を 歴史的な連続線上で思考するというのはどういう意味だろうか? 日本軍慰安所と米軍基地村 がもつ制度としての違い,歴史的時空間の違いがあるにも関わらず,筆者はそれらを弁別的主 体として特定の局面にのみそれぞれ停泊させないことによって遂に「見えるもの」があると考 える。 第一に,制度として,日本軍慰安所と米軍基地村は近代以降軍事化された世界秩序の歴史的 断面を表している。 両制度はともに,自国の軍人の士気の高揚,戦闘力の維持,性病の効率的 な防止のために考案されたもので,そのために人種化された他国の女性の身体が動員されたと いう共通点をもつ。シンシア・エンロー( Enloe ,2000)が指摘 したように,軍事主義は金と武 器だけでは存続できず,特定の性的関係を保障する政策に依存する (253) 。したがって,軍事 主義の企画においてジェンダー関係は男性軍人に対比される対象(性的対象としての他国の女 性)を維持,再生産するように組織されなければならず,それは男性軍人の再生産のための必 須条件となる。 軍社会化された世界秩序の中で,地域と国家内の安保のパラダイムは依然として女性の暴力 の経験を沈黙させる機制として働く。周知の通り国家安保の論理は,朴正煕政権以降,反共・ 規律社会としての大韓民国を支える主要なイデオロギーのひとつであった。それは,第一に米 軍と基地村周辺の韓国国民の暴力に対する女性の抵抗行為を軍事的同盟関係を損なわせる反政 府的行為と判断させ,第二に米軍基地反対運動と基地村性売買反対運動を国家安保を害する反 国家的行為と判断させ,80年~90年代初期まで反基地(村)運動を抑圧する機制となり,第三 にニクソン・ドクトリン当時米軍撤収の危機に直面すると「洋公主」を国家発展に寄与する「愛 国者」と呼ぶ欺瞞的政策が採用された背景となる。 そのような軍事主義的経済は,最近の全地球化されたセックス観光産業の拡大の根幹にもな る。バタチャリヤ( Bhattachar yya ,2002)の指摘のように,グローバル・セックス労働の枠組 みは冷戦時代に確立し,この時期はグローバルな性的サービスがアメリカ化した商品文化のス タイルを借用した時期でもあ る(121) 。韓国の近代的性売買の根幹が日帝強占期に確立され, それをもとにした基地村と妓生観光の構築,韓国内性産業の拡散,基地村への外国人性労働者 の流入という歴史的な過程を考慮すると,韓国の性売買の歴史において冷戦体制の中の軍事主 義的経済の影響力は決して無視してはならないだろう。とりわけ近年全地球的な生産関係の再 組織化は,単位国家と民族的境界を越えて廉価で代替可能な労働力のプールを創出し,超国家 的な性産業に流入する人々の数を増加させて来た。このような状況で富国( richer nations )の 軍事的権力が貧しく従属的な地域に居座ると,その軍人の存在は地域経済を変化させ ( Bhattachar yya ,2002:121) ,同時に異国的な( exotic )他国の女性への男性の接近度を高める ばかりでなく,そのような幻想の主体を再生産する機能を果た す。2010年現在 ,平澤の米軍基 地内に多数のフィリピン人性売買女性が存在するという事実は,国家の従属性と女性のセクシュ アリティの関係の中に記入される異国的なファンタジーがどのように第三の国家(駐屯国)に おいて具現されるのかを赤裸々に物語っている。 何より,朝鮮半島は冷戦体制が唯一存続している地域で,冷戦時代のパラダイムが依然とし て有効な場所である。 「銃口」を突きつけている外部の「敵」が明らかな状況で, 名もない「人間」 の犠牲は常に国家安保の名のもとに正当化される。問題は,そのような犠牲の時期にも完全に 消滅する名前と思い出される名前に二分されるという点である。国家安保のため壮烈に戦死し た国軍兵士は記憶されるべき名前だが,国家安保のために動員される身体としての女性は消さ れなければならない名前となる。 第二に,慰安婦制度や基地村制度は,被殖民地,地域男性の意図的/非意図的な共謀があっ たために可能だったシステムである。 まず,すでに少し言及したように,日本軍慰安所に朝鮮 女性が大規模に強制動員されえた背景には,伝統的な儒教・家父長社会において「嫁入り前の」 朝鮮の処女の性的純血が疑いの余地無く「事実」として認識されたという点である。何よりも 実際に朝鮮人男性の共謀がなければ,かくも多くの朝鮮女性が「挺身隊」という美名の下で組 織的に動員されえただろうか(日帝強占期の公娼制を維持できた大規模な人身売買の体系をは じめ慰安婦動員を仲介するときに朝鮮男性が介入したという事実は,生存者の証言や多数の歴 史的資料からすでに確認されている)?まして「慰安婦」の動員に関わった韓国内の男性によ る証言の不在, 「慰安婦」問題自体に関する韓国社会の長い沈黙,公論化されて以降も継続する 民族の「羞恥」という強力な言説が物語るものは何だろうか? 米軍の休息と娯楽のための空間として,基地村もまた韓米両国の同盟の中で建設されたが, 韓国国民の「日常の承認( daily acceptance ) 」 (67)がなければ維持されるのは困難であっただ ろう。米軍政下で米軍兵士クラブを運営した者は韓国人男性であり,その後確立された基地村 の性売買を経営し管理する者もまた韓国人であった。彼らの経営手法が, チョン・ジンソン (2003) が明らかにした日帝時代の企業慰安所の形態と類似しているという点もまた驚くべき事実では ない。性売買の抱主やクラブの事業主のみならず,不動産業者,地域の公務員と警察,周辺の 商人もみな日常の中で米軍の存在を「当然のもの」として受け入れた。しかし, 皮肉にもその「当 然のもの」は社会的な「害毒」をもたらす「性病保菌者」として, 「隔離」の対象である「洋公主」 という非正常な存在と同時性をもっている -220- 立命館言語文化研究23巻2号 「若者と子どもたちに害毒をもたらすので,彼女らを防止できないのであれば,いっその こと隅に追いやって」隔離しなければならない(韓国日報,1955年12月12日) 。 「特殊地帯を設置し設定する問題は内務部との意見の食い違いによって遅れていはいる が,米軍の娯楽施設の指定要求は第一に衛生的で,第二に保健上支障を来たさない施設を 指定することだというのに, 売春女性の性病保菌問題が大きな難題であるという(朝鮮日報, 1958年2月2日) 。 このようにつくられた米軍基地村という「正常」でない状況は, 「正常性というカモフラージュ ( camouflage of normalcy ) 」 ( Enloe ,2000:66)によって隠されてきた。基地村の構成的な「非 正常性」は,第一に,基地村経済(米軍の存在)を通じて得る日常の中の物質的利益とともに, より大きくは国家的利益の計算を通じて隠されてきた。第二に,非正常性の民族的羞恥は,韓 国内に存在する「女性」への男性中心的な規範と結びついて「正常化」される。すなわち,米 軍の存在が汚い女性の身体を通じてのみ維持されうる(私が実際やっていけるのは,あの汚い 洋カルボのおかげである)という「認定不可能な」非正常性は,性的規律の対象として男/女 を区別し, 民族的範疇においてそれらを位階化することによって正常化されるのである。しかし, 非/正常性が常に存在するという事実だけで, 「正常性」は民族的不安を通じて暫定的に縫合さ れているに過ぎないという逆説を表している。エンローが看破したように,いかに軍基地が地 域のカモフラージュを獲得するかという問題についての理解は,国際的軍事同盟が維持される 方法についての理解の本質であり,それを維持させる「正常性」は既存の男性性/女性性に関 する思考に依存す る(67) 。そのため「慰安婦」と「洋公主」は,はじめから男性間関係を形成 し維持し再生産する構造の中に置かれ深く根づいており,ジェンダー関係の(再)構築と不可 分の関係にある。 第三に,両問題は,民族主義の高揚のためのアリバイとして動員される女性の「凄惨な」経 験という側面において相同性をもつ。 これこそが, 「慰安婦」と「洋公主」の身体がなぜ大韓民 国の国民の無知と関心,沈黙と暴露の不連続線上に置かれるのかを説明してくれる。被植民者 の去勢された男性(性)=無能な国家と民族を象徴する記標としての「慰安婦」 ,羨望と屈辱の 空間としての基地村,卑屈な韓国男性の二重性を顕現する存在としての「洋公主」は隠される べき民族の羞恥であると同時に国家の自主権,民族の自尊心,植民地主義と帝国主義の残忍さ を告発する記標として選択されてきた。このうち「ユン・グミ事件」は, 「洋公主」の現存が韓 国社会で公認された初の事件として記録されるべきものである。当時米軍によって凄惨に殺害 された「洋公主」の身体は,主権を侵奪された祖国と同一視され,基地村は奪われた民族の領 土として召喚された。こうして, 生前ただの一度も 「真の」 民族の一員になれなかった 「汚い」 「洋 カルボ」は,死後はじめて「民族の魂」として昇華した。アメリカ帝国主義の「犠牲」となっ た女性の身体は,その後反帝,反米民族主義運動を後押しする触媒として機能した。このよう に「慰安婦」と「洋公主」という存在の「公認」が,韓国の民主化と民族主義意識が高揚した 1990年代という時代的同時性をもつという点は,偶然というよりは必然であると思われる。 もちろん,民族のパラダイムは,植民地主義と帝国主義による女性の性的搾取の問題を読み 取らせるという長所がある。なかんずく韓国で民族主義の言説は,政府の対日,対米交渉時に 相当なレバレッジ効果〔てこの原理〕を生み出してきたし,十分に脱植民地化されていない国 家に対する根本的な問いへと転換されうるという点で意味がある。実質的に市民社会の強力な 抵抗が政府に交渉力を付与し,対日,対米従属関係において民族の自尊心を律する道具的な機 能も果たす。しかし,それは当面の国家(政府)の利益に合致するときにのみ選択的に使用さ れるという限界があり,民族とジェンダーの二重の関係について説明することはできない。ま して韓国の植民地の歴史と植民地性の克服の問題を内部から省察するよりは,日本による過去 「清算」 ,あるいは駐韓米軍撤収の観点にのみ還元することで, 「韓国男性の主体の位置は消え去 ると同時に曖昧になる」 ( Yang ,1998:168) 。この不透明さこそ隠された主体の位置を確認し, 安定化するのに寄与する。 民族主義は,文化的な再現体系( systems of cultural representation )であると同時に社会的な 差異がつくられ遂行される歴史的実践( historical practices )である( McClintock ,1996:260) 。 民族主義はしばしば暴力的で,常に性別化された社会的競争を通じて人々のアイデンティティ を構成する(260) 。なぜならば民族は,民族国家の資源への接近を制限もし,正当化もする文 化的な再現をめぐる競合体系( contested system )だからである。 そのため, 性的に侵害された女性という象徴を通じて, 国家の自主権と民族の自尊心を主張し, 日帝侵略と米軍駐屯の問題を提起しようとした男性(集団) (ら)の「慰安婦」 「洋公主」言説 からわれわれが読み取るべきは,民族主義と女性の矛盾した関係だけでなく,暴力の技術と政 治的な権力の関係がどのように具体的に女性の身体を通じて具現され,維持されるのかについ ての洞察である。 結論的には,日本軍「慰安婦」と米軍基地村の「洋公主」問題は,国家と女性の二重の関係 を物語っている。どんな形であれ継続すべき国家間関係の中で,優先的に考慮すべき事柄,排 除されたり沈黙されるべき事柄にジェンダーがどのように介入したのかを示しているのである。 国家の必要性にもとづいて女性の身体/セクシュアリティが動員されたが,非難の対象,沈黙 の主な対象は女性であり,国家は時々偽善的な代弁者,事後の保護者として登場する。 かくし てわれわれは,植民地主義と帝国主義が被植民地/他国女性の身体/セクシュアリティを活用 する方法とともに,民族(主義)がそれを解決できる代案的,抵抗的実体として存在しないと いう悲しい現実を直視することになる。日帝によって「つくられた」慰安婦は,植民地支配の 終息後も継続する植民地性の残存物が重層的に機能した「結果物」であり,植民地支配終息後 の韓日関係の中で依然として清算されていない過去と現在の象徴である。同時に,基地村「洋 公主」は過去を十分に清算できないまま再植民地化を経験し,それを完全に克服できなかった 後期植民地国家の凄絶な現実の証拠となる象徴である。そのため証拠は,実体を「非存在化」 する戦略を通じて削除されてきた。 歴史の中で慰安婦と洋公主は,民族の羞恥だからであろうと,国際関係における外交的な理 由からであろうと,国防と経済開発の目的であろうと隠されるべき非存在であったが,かろう じて明らかになる,あるいは明らかにせざるをえない彼女らの「実存性」は,非存在化という 戦略が必然的な失敗であることを暴露する。存在の否認,非存在の矛盾した認定が折り重なり 交差する中で, 「慰安婦」または「洋公主」という「女性の身体」は,第一に外部の他者(敵) を確認する機制であり,第二に内部の境界を(再)構成する機制として活用されてきた。日本 やアメリカの立場から見ると,女性の身体は「外部の他者(敵) 」を攻略したり無力にする機制 であり,彼らの内部の男性性を再構築する基盤となる。韓国の立場から見ると,それらの女性 の身体は実質的に両国の関係を持続させる足掛かりとなってきたが,時に日本軍と米軍の「残 忍さ」の証拠となり,日本帝国主義,アメリカ帝国主義の不道徳さに対比される韓国民族の道 徳的な優位を確認したり, 「強い民族=男性性」を再構築するために動員される。何よりも他国 によって性的侵奪を受けた「貞操を捨てた女性」は「正しい女性」に対する反対抗的なリファ レンス( reference ) 〔参照点〕として機能し,効果的に女性を分ける境界線となる。 「慰安婦」 や「洋公主」は,民族国家の設立過程で望ましい「女性」をつくるための規制的( regulator y ) フレームとして機能したに過ぎず, 物的存在と身体としての女性の経験は削除される。そのため, 実在した物的存在としての「女性」 (慰安婦であれ洋公主であれ)は,大韓民国の歴史と現在に おいて非存在として幽霊のように彷徨するが,適切な時期に動員される「記標」はむしろ実存 性を獲得するのである。 このような存在/非存在の交差過程における逆説は,男性(男性により代弁される国家)同 士の葛藤・対話において主体にも客体にもなれないまま,それらの関係の「場」となったり主 張の材料として活用される「女性の身体」ではなく,女性(ジェンダー関係)不在の男性同士 の関係,国家間の関係が成立しえないということを暴露するという点である。結論的には,ジェ ンダー関係を通じて縫合された大文字の歴史,国際関係,国家安保と経済成長,民族の自尊心 という言説の脆さがみずから内部崩壊する地点を指し示すという点において, 「慰安婦」と「洋 公主」言説の構成体系は相同性をもつのである 5 .脱植民地の可能性のために:解決されない諸争点 第一に,戦時性暴力との関係性と差別性の問題 である。すでに指摘したように,慰安婦と基 地村の制度は,女性個人と性購買者の個別の取引関係ではなく,国家の男性代理人同士が女性 の身体/性を交換する体系である。それらは,もちろん戦時下で行われる他国による占領国の 女性に対する組織的な強姦と性的搾取の問題に関連するが,慎重に分離すべき必要性も提起さ れる。まず, 「慰安婦」制度は,植民地状態で被植民地女性に対する性的暴力の問題であり,帝 国の拡張に動員された被植民地女性の身体/セクシュアリティの問題なので,一般的な戦時女 性暴力の問題とは弁別される (チョン・ジンソ ン,2003) 。基地村もまた,終戦ではない休戦体 制の下で,同盟国の兵士の性的欲求の解消とそれにもとづいて確固とした同盟関係を築くため に駐屯地女性の身体/セクシュアリティが動員されたという特徴をもつ。もちろん,戦時慰安 所と米軍基地村の構成的な特徴に関してはより多くの実証的研究が必要だが,優先的に筆者は (広義の) 「戦時体制」において国家の利益のために動員され交換される女性 の問題として, 「慰 安婦」と「洋公主」問題を読み解きたい。もちろんここには,女性同士の人種および階級の差 異の問題が記述されなければならないだろう。 「慰安婦」と「洋公主」の問題は,国家間,植民・ 被植民地の権力の位階秩序において特定の人種(民族)の女性に対して行われる性的蹂躙の問 題なので,人種差別の問題と切り離すことができず,同じ時空間であってもすべての女性が同 じく経験する問題ではないので, 階級の問題でもある。社会的な階層分化が停滞していた日帝期 階層と地域にかかわらず多くの朝鮮女性が日本軍「慰安婦」として動員され(チョン・ジンソン, 2001:56) ,朝鮮戦争後多くの女性がただ生存のために基地村で働いたが,どのような文脈にお いても与えられた選択肢が少なく,総体的に性的暴力に脆く,継続的な性的搾取から抜け出し 難い女性は,低所得層,低い階級の女性だからである。このような点から,われわれは階級化 され,性愛化され,人種化された女性の身体( classed, sexualizedand racialized women ’ s bodies ) が国家間の位階秩序の中でどのように位置づけられるのかという認識論の地図を描けるだろう し,それを通じて既存の秩序に亀裂を入れる抵抗の拠点をつくりだせるだろう。 第二に,性売買( prostitution )との関係設定の問題 である。強制性(強制動員,誘い込み, 強制労働,欺き,詐欺など) ,暴力および人権侵害的な要素(賃金搾取を含む) ,男性同士の関 係網の中で取引されたり活用される女性の身体,被害者が被害を打ち明け難いばかりでなく, みずから羞恥心と烙印を抱いて生きていく構造としての男性中心主義的なセクシュアリティの 問題という点などにおいて,日本軍「慰安婦」と基地村「洋公主」は,一般的な「性売買」と 類似の側面をもつ。しかし,性売買との類似点または連続線を強調すると,歴史的な差別性の 問題が無化されるという点ばかりでなく,被害者に責任を転嫁する 男性中心的なセクシュアリ ティの構造 に再び行き着くというジレンマに陥る。特に, 「みずから貞操を捨てた女性」に対す る強力な家父長的パラダイムと実践的構造が常に存在する限り,それらの共通点を指摘するこ とは現実的でも抵抗的でもない。 一般的に韓国社会で通用する「慰安婦」言説は「動員され強要された性奴隷制」という家父 長的なパラダイム, 「踏みにじられた純粋な民族の処女性」という民族主義的パラダイムにもと づいており,その根底で強力に働いているのは強制性と任意性にもとづく性売買に関する認識 枠組みである。自発性にもとづく性売買女性と区別してこそ耳に届く「慰安婦」言説という逆 説は,性売買が汚く醜いもので,女性の選択にもとづいたものであるという見方を前提として いる。強制性にもとづいてこそ犯罪行為が成立すると考える視点もまた,性売買=罪や悪とい う認識論とさほど異ならない。このような二分法的な見方が存在する限り,またみずから強制 性を証明できない限り, 「洋公主」が自身の経験を公論化することは難しいだろう。 実際,韓国社会にはこのような観点から日本軍「慰安婦」と米軍基地村「洋公主」を切り離 して,思考してきた。それは,慰安婦運動陣営においても一定期間維持されてきた立場だった。 「慰安婦は,当時の公娼制度下の 日本人売春女性とは異なり ,国家と公権力によって軍隊 から 強制的 に性的慰安を与えることを強要された 性奴隷 であった」 (従軍慰安婦問題第2次 調査発表に対するわれわれの立場) このような主張は, 「慰安婦」言説を構成する男性中心の論理,とりわけ過去を否認する日本 の右派の立場(慰安婦=売春婦)を否定するためには適切であるかのように見えるが,性売買 の論理の根底にある男性中心の論理を再度認める愚を犯すことになる。それは,性売買女性と そうでない女性,強制的に「やられた」 「かわいそうな」女性とそうでない「不穏な」女性を分 けるという点で強力な家父長制のコードと出会い, 結局「強制的に騙されて連れて来られた女性」 のみが同情の対象となり,そうでない女性の経験は沈黙されるという結果を生んだ。何より 自発/強制の論理に束縛された純粋な被害者/不純な同調者という二分法の問題は,性売買に 従事する女性のみに注目し,それと関わる男性を免責する機制として働くという問題点がある。 男性主体が民族主義と帝国主義(植民地主義)の言説を通じて一度,性売買言説を通じて二度 隠される間に,女性は二重,三重の傷を負ってきた。 「どのように性売買女性となったのか」と いう問いが隠しているものは結局, 「慰安婦」や「洋公主」の後ろ指を差してきた韓国国民の情 緒に共通に流れる家父長的イデオロギーの偽善的な顔であり,植民地主義と帝国主義が発話す る場所である。日本政府が慰安婦問題を取り上げるたびに持ち出す「官憲による強制連行はな かった」という主張(チョン・ジンソ ン,2007:404) ,それを裏付ける公文書の不在に対する 主張,基地村に(韓,米)国が介入していたという公的な証拠が不在であるという主張が,実 際は性売買女性を非難する狭義の自発/強制の概念と相通ずるという点を想起しなければなら ないだろう。 そのため,狭義の強制性を超えた概念の設定が必要であり,最終的に自発/強制という二項 対立的な論理構造にもとづく性売買パラダイムを克服する必要がある。非/自発的に「体を売 る女性」を体系的につくりあげる制度とイデオロギーに対して問題提起するには,条件によっ て制限された選択肢を選択せざるを得ない文脈への理解が先行されなければならない。何より, 自発であれ強制であれ,女性の身体/セクシュアリティが位置する場において行われる搾取と 暴力,抑圧の効果に注目すべきである。このとき,体系的な国家介入の問題,自発的にやめる ことのできない状況的問題,烙印の問題とそれを通じた暫定的あるいは最終的に利益を獲得す る者の問題は必ず問わなければならない事項である。それは,現在も継続している駐屯軍によ る暴力と搾取,清算されていない植民地性と歴史的責任の問題から大韓民国,日本,アメリカ 政府のいずれもが自由でありえないということを告発するのである。 最後に残された問題は,普遍的な人権言説に訴える方法と超国家的にアジェンダ化するとき に直面するジレンマ である。アメリカと国連,そして人権関連の国際機構の実践を批判的に検 討したグルーアル( Grewal ,1998)は,国際 化という美名の下で行われている実践様式のみな らず,グローバル・フェミニストの活動の中においてすら,人権言説は多様性と多元論に関す る非‐衝突的( non-conflictual )モデルに包摂された普遍主義概念にもとづいていると評価した (520) 。したがってグルーアルは,暴力の対象を再現する方法だけでなく,再現する者の主体構 成( subject-constitution )の方法もまた探究の対象となるべきであると主張する。これは,特定 の歴史的局面において誰が誰を代弁して語るのか? どのような文脈で何が聞こえ,何が黙殺 されるのか? 誰が誰の代わりとなり,誰に語る権利,判断する権利を付与するのか? とい う質問につながり,現実的に「女性問題」を国際的に公論化する方法と密接に関わっている。 現在まで日本軍「慰安婦」運動は,イシューの社会化,歴史化,国際化という点において大 きく貢献してきた。しかし実質的に国内のみならず国際的に,とりわけ国連の人権機構にそれ を知らせアジェンダ化するたびに直面するジレンマは,特定の時空間において恣意的に選択さ れる女性の経験に関する問題であり,それを選択する主体の位置性である。何よりも「普遍的 な女性の経験」 「普遍的な人権言説」によって装飾されてこそ国際社会で訴える力をもつという 点である。 NGO の立場で選択せざるを得ないもっとも効率的な運動方法は聞こえるものを聴け る場所にまで引き連れていくことであるが,問題は特定の事案を構成する歴史的な文脈が削除 されたまま,それを受け入れ公論化「してあげる」主体‐権力の位置性のみがますます足場を 固めていくという点である。その主体‐権力が植民地主義と帝国主義の拡大をリードした国家 であるならば,ますます問題である。このような難題は, 「日系米国国会議員の発議‐米下院の 決定‐日本政府に対する圧力行使」というナラティブの構造 を持った2007 年の米下院の日本軍 「性奴隷制」謝罪決議案の採択過程で克明に現れた。その過程で結果的に浮かび上がったのは, 非西欧国家の抑圧を非難し矯正しようとする(西欧の) 「自由の守護神」 「国際警察」としての アメリカの国家的な位相である。 「植民地の過去の中に囚われている」 韓国女性の 「被害」 経験は, 「近代化され民主的な」 西欧男性と 「伝統的かつ家父長的な」 東洋男性の対話‐対決の場において, アメリカ(西欧)の道徳的位相を高める道具として活用されたのである。このことを通じて逆 説的に明らかとなったのは,基地村「洋公主」が公論化されえない理由である。基地村問題は 実際に「聞くことができ,代わりに語ることのできる」権力の主体がみな関係している現在的 事案であり,したがって真の脱植民地国家への希望をもつことが不可能な企画であることが迂 回的に明らかとなったのである。 そのため,われわれが究極的に問わなければならない問題は,極端な暴力の被害者を再現す る方法が,どのようにそれを再現(しようと)する主体の自己構成様式と結びつくかという点 であり,したがって究極的な分析の対象は被害者の経験ではなく,いかなる方法で,なぜ,誰 が被害者に注目するかである。 歴史を再考するとき常に, ある事柄は説明されないままこぼれ落ち, 記憶の残存物として残る。 それは西欧的な思惟方法と理論的枠組みに傾倒したわれわれの(植民地化された) 「片目」の思 考によるものなのかも知れない。問題は, 説明されるべき当の対象は何層もの層位に囲い込まれ, 中心で安らかに隠れているという点である。他者は常に境界の政治学(包摂と排除)を通じて 区別され,項目化され,見える対象,分析の対象,説明して証明すべき対象として残るが,そ れを行う権力‐主体は特権化された位置で目に見えない透明な存在として残る。今われわれの 問いは, 「慰安婦」 「洋公主」についてのものではなく,彼女らを構成しようとする権力,彼女 らについて沈黙したり語らせたりする権力,彼女らを位置づける権力,彼女らをして「事実」 の証明を要求する権力についてのものでなければならないだろう。明らかにされる「対象」を 通じて発話しようとする隠された欲望を追跡することこそが,性売買言説,植民地言説,民族 主義言説,被害者言説,人権言説などに安楽に寄りかかり隠れている主体の位置性を暴露する 作業となると思われるからである。かくしてわれわれは,大韓民国に残存する植民地性,歴史 的残滓としてのみならず全地球的な資本化の過程の中で継続する植民地主義と帝国主義の問題 を正面から凝視することになるだろう。 ※本文の〔 〕内は訳